iPhoneでプレイリストをアーティスト順で表示させる2016

Share on Facebook

iOS9,MacはEl Capitan,iTunesのバージョンは12です

2016年になって,iOSは9,iTunesは12になってるのにMusicアプリのプレイリストで曲を思い通りの順にするのに苦労しました。やっとなんとかなったのでその備忘録です。

プレイリストをアーティスト順で表示させたい

MacのiTunesでのプレイリストはアーティスト順にしているのにiPhoneだと曲名順に表示される。同じようにしてるのにアーティスト順で表示されるプレイリストもあって,疑問でしたがやっとなんとかなりました。

MacのiTunesでプレイリストを表示すると右上にプレイリスト,曲とか表示されてるところがあるかと思います。ここを「曲」にして,「アートワークを表示」のチェックを外して,プレイリストをアーティスト順に並べておくと,iPhoneでもアーティスト順になりました。ここでアートワークを表示させると曲名順になりました。この右上のところの設定で表示順が変わります。

iTunes12

現MacBookから新MacBookへのデータ移行[その2]

Share on Facebook

MacBookのデータ移行の話の続きです。

今回は写真と音楽データを移行する方法です。どちらも簡単にできます。

まず写真。
iPhotoのデータを新しいMacに移すには,元のMacのホームフォルダの中にある写真フォルダの中身を新しいMacの写真フォルダにコピーします。
これだけで写真データが移行できます。iPhotoのデータはiPhoto Libraryの中に全部あるので,これを移すだけで終わります。

写真の枚数が多いとかなり時間がかかるので,落ち着いてやってください。

次に音楽。
iTunesのデータが僕は一番大きいです。10GB超であります。
これも写真と同じ要領で音楽フォルダの中身を全部新しいMacの音楽フォルダにコピーしました。
これだけで,全部移行できました。曲の再生回数までコピーされました。

ポイントは全部そのままコピーすることです。どのファイルが必要なのかとかを考えてやると多分失敗します。

音楽フォルダ以下のiTunesフォルダもコピーした恩恵か,iPhoneを新しいMacに接続したときに中身を消去するかどうか聞かれずに同期が始まりました。
最初にバックアップをフルに取るからか,バックアップには時間がかかりましたが,そのあとは普通の同期でした。

いまいち謎なのが,音楽とアプリは,新しいMac側と同期ができている状態なのに,連絡先・カレンダー・写真は新しいMacとは同期されていないことでした。同期しようとすると,まず「別のコンピュータと同期していますがいいですか?」的なことを聞いてきました。連絡先もカレンダーも写真もすでに新しいMacへ移しているので,同期しました。写真はiPhoneの中にあったデータを消して,新しいMacにある写真を最適化して,それをコピーしているようでした。連絡先とカレンダーも同じことが起きていると思います。音楽を入れ直されなかったのは良かったんですが,写真をなぜ入れ替えたのか?よくわかりません。

なんにしてもiPhoneの同期が新しいMacでもすんなりいったのはよかったです。

iTunesのGeniusがiTunes storeにない曲でも使えるようになっていた

Share on Facebook

iTunesのGenius機能。適当な曲を元にそれと似たような曲を選んで,プレイリストを作ってくれるまことに便利な機能。

このGenius機能は今まで,iTunes storeで扱っていない曲に対しては使えませんでしたが,いつのまにか使えるようになってました。多分iTunes 9でGenius Mixができるように頃からできてたんでしょう。

試しにケツメイシの「さくら」でやってみました。
Genius_extend.tiff

見事にできました。曲目を見ると,Hip Hopばかりですが,これからデータが増えれば,変わってくると思います。

この他にもSoul’d OUTやnobodyknows+でもできました。個人的にはすごくうれしいです。
Genius_extend2.tiff

今までGeniusが使えないと思っていた曲でも改めて試してみると楽しいかもしれません。

iPhoneに同期したスマートプレイリストの曲の並びが変

Share on Facebook

iTunesで作ったスマートプレイリストをiPhoneに同期すると,曲の並び順がぐちゃぐちゃです。

iPhoneの中のスマートプレイリストをiTunesから見ると,ちゃんと設定した順序で表示されています。ところが,iPhoneのiPodを起動してみると,曲の順序がぐちゃぐちゃ。表示の段階でシャッフルされてしまいます。

困ってしまったので,ぐぐってみたら,一応解決策がありました。Twitterのつぶやきが一番最初にヒットしました。
YKさんのつぶやきより。
「iPhoneのプレイリストの曲順めちゃくちゃ問題解決しました。スマートプレイリストが勝手にライブアップデートONになってるのが問題でした。参考までに。」

確かにスマートプレイリストはライブアップデートをONにしてました。これをOFFにして,同期してみるとちゃんとした順序で表示されたー!!!

表示順序はなおりましたが,ライブアップデートできないのって不便です。曲順をまともにしたいのは,最近追加した曲のプレイリストなんですけど。早くバグ修正して欲しいと思います。

[追記]
更に調べてみたら,こんな記事が。
MacBookの小部屋さん
「iPhone OS 3.1でスマートプレイリストの同期の不具合を解消する方法」

同期がうまく行かない場合に,「 “プレイリストが” + “ミュージック” + “である” 」をプレイリストの設定に加えるとうまくいくらしいので,試しにやってみました。

設定の内容はこんな感じ。iPhoneプレイリスト.tiff

このスマートプレイリストをiPhoneと同期したら,ライブアップデートが有効なまま,曲順がちゃんと表示されました!!!とりあえず,iPhone OSの修正が出るまではこれで対処します。

Genius Mixを使えるようにする

Share on Facebook

iTunes 9からの新機能として,Genius Mixが追加されました。Geniusのデータを元にした新しいプレイリストが作られます。 早速iTunes9にアップデートしたのに,ぱっと見ではGenius Mixが見当たりません。どうしたものか。

そこで,「Store」から「Geniusをアップデートする」を実行しました。アップデートしたらGenius Mixが出てきました。これができたGenius Mixの一覧です。
genius mix.tiff

Hip Hop,Rock, J-Pop, サウンドトラックのMixがほとんどです。Genius MixのいいとこはiTunes Storeで扱われていない曲でもその中に含めてくれることです。Hip HopだとSEAMO,ET-KINGの曲はiTunes Storeにあるんですが,SOUL’d OUTやnobodyknows+の曲は扱われていません。でもGenious MixだとSEAMOの次にnobodyknows+がかかったりします。この機能を求めていたひとは多いんじゃないかと思います。

できたGenius Mixを全部iPhoneと同期してみました。600曲くらい転送されました。多い・・。同期しているプレイリストはマイレートの高い曲がほとんどなので,マイレートをつけてない曲が転送されていることになります。つまり普段はあまり聞かない曲も含まれているはずです。更にGenius Mixでは次になんの曲がくるのかとか,何曲あるのかとかは分かりません。すべては再生するまでのお楽しみです。

Geniusをアップデートして,早速Genius Mixを試してみてください。ぐっとくると思います。