TimeMachine用にNASを使ってみる

Share on Facebook

Leopardから実装されたバックアップシステムのTimeMachine。非常に便利で,頼り甲斐のある機能です。家用のMacBookでもTimeMachineを使おうと思って今日外付けのディスクを買いに行きました。

家で使うノートパソコンに有線してバックアップするのは面倒なので,ネットワーク経由でバックアップのできるNASを買いました。TimeMachine対応とパッケージに書いてあるBuffaloのNASを買いました。エイデンで17000円でした。Amazonのほうが安いです。

BUFFALO ネットワーク対応HDD LinkStation 1.0TB LS-CH1.0TL
バッファロー (2009-05-02)
売り上げランキング: 181
おすすめ度の平均: 4.5

4 順調です。
5 満足しています。
5 やっぱNASは楽。
4 抜群のコストパフォーマンス
4 想像以上に便利!

TimeMachineの設定にはコンピュータ名とMacアドレスを入力すると使えます。なんですが,TimeMachineに割り当てるディスクの容量の設定ができません。このままだとTimeMachineにディスクの限界(1TB)までバックアップされてしまいます。TimeMachine用の領域のサイズを決めるために,一般的なNASでもTimeMachineのバックアップを実効するための方法を使いました。けっこうてこずったので書いときます。

主に参考にさせてもらったのは下の記事です。
「TimeCapsuleじゃないNASを使って、TimeMachineを使ってみる」
「Macをバックアップする「TimeMachine」をNASで行う方法」
「[LinkStation LS-CH1.0TL] Time Machineを設定してみる」
「 TimeMachineをSambaで実現」

いろいろハマリどころがあります。コンピュータ名には空白や記号は使わないとか,無線LANで接続していても有線のEthernetのMacアドレスを入力するとか。上の記事でも紹介されています。

手順としては,ディスクユーティリティを起動して,ファイルー新規ー空のディスクイメージを選択。
名前は「Macのコンピュータ名.local_Macアドレスからコロンを抜いた数字」
コンピュータ名はシステム環境設定ー共有の一番上で分かります。Macアドレスは,このMacについてー詳しい情報ーネットワークーEthernet,で有線LANのMacアドレスを調べます。無線でしか接続しない場合でも有線のMacアドレスを使います。
保存先はローカルのどこでもいいです。
サイズは適当でいいです。100MBにして後から変更しました。
フォーマットはMacOS拡張(ジャーナリング)
暗号化なし
サイズは適当でいいです。後から変更します。
パーティションは単一パーテーション・GUIDパーテーションマップにしました。
イメージフォーマットはスパースバンドル・ディスクイメージです。

これで「コンピュータ名.local_xxxxxxxx.sparsebundle」(xxxxxxにはMacアドレスの英数字が入ります)というファイルができます。このファイルをNASにつくったTimeMachine用のディレクトリにアップロードします。

100MBでは容量が足りないのでサイズを変更します。アップロードしたファイルをディスクユーティリティでマウントします。マウントしたら,一旦「取り出す」を押して,アンマウントします。これで「イメージサイズの変更」ができるようになります。サイズはバックアップしたいディスクよりも大きな数字にします。128GBのSSDをバックアップするのに,200GB割り当てるようにしました。

イメージサイズを変更しても,ディスクイメージの容量は増えるんですが,なぜかパーティションの容量が増えませんでした。そこで,まず「イメージのサイズだけを変更」から容量を変更しました。次に「パーティション」をクリックして,イメージ内のパーティションの容量を変更しました。一旦パーティションを削除して,新しいパーティションを作りなおしました。「パーティション」から容量を変更するとフォーマットまでするので若干時間がかかりますが,200GBで10分くらいでできました。これでイメージとパーティション両方の容量を変更できます。

後はTimeMachineのディスクにNASのディレクトリを選択すると,バックアップが始まります。今せっせとバックアップを作成中です。0時半くらいにはじめて,まだ4.5GBくらいです。残り55GB。朝には終わってくれてることを祈ります。

新しいMacBook買っちゃいました

Share on Facebook

New MacBookを自分用に買いました。今使っているMacBookは研究室のもので,卒業したら研究室に置いていくしかないので。それとタスクが一段落したってのもありますが。

2009年に出たすべすべコーティングのMacBookです。名古屋・栄のApple Storeで学割価格88800円で購入しました。初めは名駅のビックカメラで買うつもりでいたんですが,ポイントのことを考えても5000円ほど学割のほうが安かったので,Apple Storeで買うことにしました。

IMG_0749.JPG

IMG_0748.JPG

前から白いMacBook使ってたので,あまり劇的な変化を感じてませんが,おいおい違いが分かるかなと思ってます。来週には大須へSSDを買いにいって,HDDをSSDに換装しようかなと思ってます。

外部出力がUSB2つしかないのが,少し残念です。今使っているMacBookにはUSB2つにIEEE1394のポートがついてました。家でしか使わないから大丈夫かもしれませんが。

今,どうやって環境を移行しようか悩み中です。Time Machineでまるごともってきてもいいんですが,無駄なファイルもかなりあるようなので,最低限のデータのファイルだけをもってきたいと思ってます。環境移行のこともおいおい書こうと思います。

TimeMachineに救われて

Share on Facebook

TimeMachineにバックアップとっといて,良かったです!!

TimeMachine.jpg

普段はディスクのリードが遅くなったりして,面倒なだけのTimeMachineのバックアップ。でもたまにすごく役に立つ。ここぞってときには力を発揮してくれます。Macの機能でもかなり良い機能だと思います。

Office系のアプリは,アプリが突然落ちたりすると,次に開いたときに「ファイルをどうしますか」とかきいてきます。これに今回やられました。ファイルの中身をよく確認せずに別のファイルで元ファイルを上書きしてました。それに気づかずに,研究のデータをいれてあるエクセルのファイルを開いたらデータがない!!

こういうときは慌てず騒がず,TimeMachineを立ち上げます。いつ上書きしたかは覚えてなかったですが,日にちをさかのぼりつつ,QuickLookで確認したら,無事ファイルを戻せました。やったー!!

自動でバックアップをしてくれるというところが良いと思います。基本的に毎日バックアップを取るので,バックアップファイルが古過ぎて使い物にならないなんてこともありません。

バックアップは超重要です!!

BUFFALO 外付けハードディスク USB2.0対応 1.0TB HD-CN1.0TU2
バッファロー (2008-12-13)
売り上げランキング: 1
おすすめ度の平均: 4.0

4 REGZA 37Z7000に接続してます
5 サクサク地デジを録画できます
1 半年でヤツが出ました
3 BUFFALO 外付けハードディスク USB2.0対応 1.0TB HD-CN1.0TU2
5 BUFFALO外付けハードディスク HD-CN1.0TU2