こんな不景気な時代にガジェットって・・・

超不景気です。

ここから書くことはわたし個人の偏った意見です。気に入らなければ、無視してください。

日曜の夜に「派遣切り」のドキュメントを見て、月曜の朝に「内定取り消し」の記事を読んだら、とことん沈鬱な気分になり、不安感に押しつぶされそうになりました。個人的なことですが、わたしは来年就職する予定で、今から就活です。こんな時代にドクター卒で就職があるのかと、不安と鬱の無限スパイラルに入ってます。

いろいろテレビとか新聞の記事を見ていると、これからは一度貧乏になった人間がそこから這い上がるのは難しい時代になるような気がします。元々家にお金があって、十分な教育をうけた人間がお金をもうけて、貧乏な人間は、いい教育も受けられず、自分の能力を向上させることもできないまま、不安定な仕事をやり続ける。そこそこお金をもっていて、そこそこ稼いで、そこそこのお金を残すということが難しくなっていくのではないでしょうか?

本題に入って、ガジェットのことを考えます。

全部が全部とはいいませんが、多くのガジェットはそれなりにお金がかかります。というかこの部ログに登場するガジェットは大体が何万円かそれ以上の価格のものが多いです。iPhoneにしろMacBookにしろ、EeePCにしろ、125GBのSSDにしろ、それなりのお値段がはります。

MacBookは研究に使うのがメインなので、ガジェットというよりは仕事道具なんですが、iPhoneとかは完全におもちゃです。なくても生活自体はできます。ガジェットというはあったら便利とか面白いとか、そんなレベルのものだと思います。こんな世間が不景気で消費が低迷していくときに、がんばってガジェットのことを考えて意味があるのか、と思えるようになってきました。

生活必需品ではないガジェットは、財布に余裕がない限り買うことはないと思います。そんなガジェットのことを紹介するのって、一体誰のためになっているんでしょうか?そんなお金があったらもっとほかのことに使えるような気がします。

いくら不景気だといっても、お金をもっている人なんていくらでもいます。ガジェットに興味のある人もたくさんいらっしゃるとは思います。興味のある人に読んでもらうのは非常にうれしいんですが、なんとなく違和感というかむなしい感じもあります。

何年か経って、景気が回復してきたらこんなことは考えなくなるんだと思いますが、なんかすっきりしません。

自分の将来への不安と、閉塞感からこんな記事を書いてしまいました。このブログの存在価値の根本を否定するようなことも書きました。でもその一方でお金がないならないで、まだできそうなこともありそうな気がします。これからはお金がなくても遊べるガジェットがないか、調べたいと思います。という、無理やり感、満点の前向きなまとめで終わりたいと思います。

ぱっと浮かんだ言葉
「金がないなら、知恵を出せ」

PS
1000Hで記事を書いたんですが、途中何回か失敗したところがあります。キーボードが小さいので長い文章を書くのにはあまり向いてないですね。

こちらもどうぞ

こんな不景気な時代にガジェットって・・・」への4件のフィードバック

  1. 1 ■こんな時代だからこそ
    こんにちは。

    私は30代ですが、やはり就職氷河期を経ての就職でした。私は、結局のところいつの時代も、危機感を持って自分の能力を高めていける人なら、どんな不景気も乗り越えられるのでは無いかと思います。
    危機感を持って、それに備える準備(早めの積極的な就活とか)をすれば安心しますよね。

    ガジェットに関する話も、自分で買って・試す事は知識の蓄積になるし、そのITリテラシーはいつか仕事に役立つ時もあるはず。
    また、ブログで記事を公開し、知識の共有を図ることは、広い意味で世の中の消費活動に貢献していると言えるんじゃないかな。

    胸を張って知的好奇心の欲求を満たしましょう!
    http://ameblo.jp/nasyo/

  2. 2 ■丁寧なコメントありがとうございます
    「危機感をもって、行動する。」今日研究室の後輩と話をしていて、本当に大事なことだなと改めて認識しました。まさにおっしゃるとおりだと思います。

    ガジェットに関してそうおっしゃていただけると、とても気が楽になります。今までやってきたことも無駄じゃないと思えるようになりました。

    ホントありがとうございます。
    http://ameblo.jp/shiogama-gadget/

  3. 3 ■初めまして
    実は僕もそのドキュメンタリーを見ていました。
    景気に左右される仕事なもので他人事ではありません。
    現に派遣の方も多く居る職場なもので…

    僕もブログを書いている身でこの様な事を言うのは変ですが、PCすら贅沢なのかもしれません。
    ケータイはすでに不可欠なモノですので必要と言えば必要ですが、iPhoneは趣味の世界に入りそうなものですから記事でおっしゃっている事が理解出来ます。

    僕はこの番組を見て、すごく気持ちが重くなりました。
    何故かというと自分もいつそうなるか分からない世界で生きているからです。

    まさに「不安と鬱の無限スパイラル」状態です。
    http://retromac.blog32.fc2.com/

  4. 4 ■無題
    はじめまして。いつもおもしろい記事楽しみにしてます。

    前のコメントでnasyoさんがおっしゃられているように,ブログをかくことでいろいろ学べることはたくさんあると思うようになります。

    記事で書いといてなんですが,いくら景気が悪くても,ガジェットとかに興味のある人は確実にいると思います。ものは使う人次第で,どんな価値でも持てるはずです。ガジェットはあくまでも道具であって,それ自体が悪いものではないと思います。

    ガジェットの件は別にしても,いつ自分の立場が危うくなるかということは,心配だと思います。私の場合は,来年度は1年間学生なので,次へのステップがちゃんとつながるかが不安です。学生に比べたら,今仕事をされている人のほうがその不安感は更に強いと思います。

    ひとに何かをいわれただけで,不安と鬱な状態から抜け出せるのは無理だと思います。現にわたしも抜け出せてません。でもその気持ちを抱えたままで,どうしたら自分にとって状況がよくなるかは考えているつもりです。考えているだけで,行動に移せない部分もたくさんあるんですが,やれるだけやろうとは思ってます。

    http://ameblo.jp/shiogama-gadget/

retro にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。