2015年末にGPUを買ってみた

Share on Facebook

目的

GPU使った流体計算に興味があって,今までGPUを全く買ったことがなかったので買ってみました。

Geforce GTX960を買ってみた

全く知らないのでとりあえずCUDAが使えればいいや+予算3万までとおもって,NVIDIAのGTX960を買いました。

GPU計算について

順番がおかしいですが,買ってから性能とか調べてみました。
Wikipediaが一番詳しかったです。
https://en.wikipedia.org/wiki/GeForce_900_series

衝撃的事実。最近のGPUは倍精度計算の性能がほとんどない。
GTX960は 単精度2.3TFLOPSに対して,倍精度は1/32の72GFLOPSしかない。

数値計算する上では倍精度の速度がほしいのに。

なにを買えばよかったか?

GPU計算するならGPGPUとして出てるTeslaを素直に買うのが一番だというのが結論だと思います。それは知ってましたが,個人で買うようなものでもないので,様子見がしたかった。

個人が手が出せるとしたらTitanが限界かと。これも落とし穴があって,今でてるTitan Xだと倍精度計算の性能は全然だめです。Titan Zを買いましょう。Titan Zなら倍精度計算性能が2.7TFLOPSもあります。

まとめ

買ってしまった以上GTX960でなんかできることを考えてやってみようと思います。とりあえず倍精度はやめて単精度でベンチマークとってみるとか。OpenFOAMのCUDA版RapidCFDをとりあえずやってみようと思います。

こちらもどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。